白髪染め 人気ランキング

白髪染め 人気ランキング

進化する白髪染め

以前は白髪染めというと月に1度程度、専用の薬剤を使って髪を染める商品が主流でした。

 

ところが最近は白髪染めも進化してきており、現在ではシャンプータイプの白髪染めが増えてきています。

 

白髪染めシャンプーは「シャンプー」ですので当然毎日使うことが出来ます。

 

そもそも以前の白髪染めとは異なり、白髪染めシャンプーは効果が出るのに少し時間がかかります。

 

毎日使うことで少しずつ白髪に色が浸透していき、自然な色合いで白髪を染めることが出来るようになっているのです。

 

通販の白髪染めランキング情報 http://hairhair.lolipop.jp/

 

現在発売されている白髪染めシャンプーは、普通のシャンプーのように髪を洗ってしばらく放置してから洗い流すという使い方になっている物がほとんどです。

 

放置している間に白髪に成分が浸透し、色が付いていくという仕組みというわけです。

 

 

 

白髪染めシャンプーの利点は、素手でさわっても問題ないくらいに肌にやさしいという点です。

 

従来の白髪染め剤の場合は手袋を着用して使用するのが一般的でした。ところが白髪染めシャンプーは一般的なシャンプーと同様に素手でさわることが出来ます。

 

もちろん事前にパッチテストを行って肌に問題がないか確認することは必要ですが、従来製品に比べて格段に肌にやさしく作られている為、肌が弱い方でも比較的安心して使い続けられます。

白髪染めのコツ

白髪染めというと、ついつい自分で鏡を見た時に見えている部分だけをなんとかしようと思いがちですが、実際は後ろ側や髪の毛の内側の部分にも、思っている以上にあるものです。

 

 

 

そのため、基本的に全体の白髪を染めるなら、やはり美容院で染めるのがおすすめです。

 

白髪を染めたいからといって必ずしも白髪染めを使わなければいけないとうこともなく、白髪の量や髪質によって、普通のヘアカラーを使うか専用の白髪染めを使うか、またはヘナやヘアマニキュアなど他の手段を使うのか、といったことをスタイリストさんと相談して決められるのもメリットです。

 

 

 

ですが、気になるたびに白髪を染めにいっていたら、時間も費用もかかりすぎる、という問題もあります。けれども、美容院で染めた部分はセルフカラーをするよりももちはいいはずですので、しばらくして目立ってくるとしたら生え際ではないでしょうか。

 

 

 

その場合は、生え際だけを自宅で染めるという方法もあります。生え際染めなら全体を染めるのと違いブロッキングなどのテクニックが必要なく、少量の薬剤で染めることができるので、どなたでも簡単に実行することができます。手袋をした指を使って混ぜた薬剤をつければ、道具も使わずにすみます。

ついに白髪染めデビュー

少し前から頭の中心に白髪が目立つようになっていたので、白髪染めを決心しました

 

美容院で染めることも考えましたが、

 

周囲の方が自宅でも簡単にできるよと教えてくださったので

 

まずは範囲も広くないので自宅で染めることにしました

 

いざ購入するとなると種類の多さに驚きます

 

白髪だけを染めるのか、髪の毛全体を染めるのかという目的によって選ぶものが変わるのです

 

最低でもこれを決めてから購入される方がいいと思いました

 

私は何も考えずにお店に行ったので目的も絞れず、

 

とても時間がかかってしまいましたが

 

色々と検討しだすと、各メーカーの商品ごとに特徴があって

 

とても興味深いものがありました

 

個人的に重視したのは、染まるまでにかかる時間です

 

香りは各社工夫されていてあまり変わらないと思います

 

時間は短い方がよかったので15分ものを選びました

 

短すぎるかな?とも思いましたが、

 

きちんと染まっていたので感動しました

 

いざ自分が染めてみるまではためらっていましたが

 

本当に簡単でしたし、どんな仕上がりになるのか

 

とても楽しめたので良かったです

 

種類もたくさんありましたし、

 

これから何度もお世話になるので

 

どのような形態が自分で使いやすいのかとか

 

どんな色が自分に似合うのかなど

 

前向きにどんどん試してみようと思います

トリートメントタイプの白髪染め

私は若いときから髪が細く傷みやすいために髪を染めたことがなく、白髪になっても染めることには抵抗がありました。

 

それでも40歳を過ぎたら、生え際に白髪が目立ってきて、30代のときのように毛抜きで抜くだけでは追いつかなくなり、ついに白髪染めをつかいました。

 

 

 

箱に書いてあるとおりに、腕の内側のところでパッチテストをして、かぶれないことを確認してから染めたのですが、数日後大きなふけのような、黒い頭皮がはがれ落ちてきました。

 

かゆみも少しあり、かくと傷になるようで、頭皮に汁のようなものがにじみ、それがかさぶたになってまた剥がれ落ちる、というくり返しを数回して、ようやくおさまりました。

 

 

 

おさまった頃にはまた、白髪がでてきていて…。でも、もう普通の白髪染めをつかう気にはならなかったのです。

 

 

 

ふと見た雑誌に、「毎日使えるトリートメントタイプの白髪染め」という見出しがあり、試しに使ってみることにしました。

 

 

 

「手でつかえる」と書かれていましたが、実際手袋なしでは、爪の先、伸びている白いところがグレーに染まってしまい見苦しいので、手袋は使うことにしました。

 

 

 

もともと毛が細くてハリがなかったので、良いトリートメントを使っていて、時間をかけていたので、手間という意味ではこれまでと変わりませんでした。

 

 

 

ハリもツヤもあり、白髪は完全に染まるというわけではないですが、目立たなくなります。

 

 

 

しばらくは、これを使っていこうと思っています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ